台風19号 千曲川氾濫の影響

台風19号は沼津では大きな被害が出ませんでしたが、長野県にある取引先のラブフォレスト株式会社さんが2mの高さまで水没してしまいました。

私はこちらで、計測システムの導入や、電気設備の配線工事などを行っているので他人事ではありません。

10月21日に遅ればせながら他の仕事に絡めて現地の状況を見に行ってきました。
頭の高さ以上に水が来たので、ボイラー、フォークリフト、もろもろが全てNGです。
分電盤の大元のブレーカーには電力会社が「操作禁止」のテープが張ってあります。
この地域一帯の電灯回路の復旧と、通電して問題ないかの確認が取れるまでは電気は来そうにありません。
この状況で通電したらあちこちで漏電火災が起きますよね。
スイッチも中を開けると、細かいほこりがみっちり張り付いています。

分電盤類はすべて新しいものに交換します。

復旧の望みがあるものは、制御盤関連です。
沼津に持ち帰って、ダメもとで水洗いして復旧してみます。